窯元紹介

Image-2

波佐見焼工房「藍彩窯」

九州焼き物のまち「波佐見町」にあります

白磁の美しい白と、落ち着きのある藍色

波佐見焼工房「藍彩窯」の焼き物は波佐見焼の特徴である白磁の透けるような美しい白に、落ち着きのある藍色がよく映えたいろいろなオリジナルの絵柄を配った歴史ある焼き物です。

四季折々の季節を描き、毎日使っても飽きのこないうつわ作り。手づくりならではの温かみでホッと癒された気分になれます。世代を超え、お客さまに親しまれております。

藍彩窯

陶磁器の町

畑ノ原窯跡のふもと


畑ノ原窯跡は1981年に発掘調査が行われ、窯の部屋数約24室、全長約55.4mで、当時としては巨大な規模を持つ窯でした。出上した製晶は陶器が主体で、わずかに磁器も含まれ、陶器と磁器を同時に焼成していたことがわかり、この発見は波佐見磁器の誕生を知る上で重要な窯なのです。


私たちの仕事

波佐見焼工房「藍彩窯」


九州焼き物のまち波佐見町にある、波佐見焼工房「藍彩窯」の焼きものは、波佐見焼の特徴である白磁の透けるような美しい白に、落ち着きのある藍色でいろいろなオリジナルの絵柄を描く伝統ある焼きものです。毎日使っても飽きのこないうつわ作り。世代を超え、お客さまに親しまれております。

四季折々の季節を描いた「ミニ陶板」シリーズは、味のある手描きの良さで飾る場所を選ばず好評いただいています。最近は「よか立てシリーズ」と銘打つ箸立てや、おたま立て、歯ブラシ立てなど民芸小物も充実。手づくりならではの温かみで、見ているだけでホッと癒された気分になれます。

所在地

〒859-3728

長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷876−2

OPEN-CLOSE

平日:10:00-17:00、土日祝:11:00-16:00

Call Us

TEL:0956-85-5540

FAX:0956-85-7292

藍彩窯

© 2019 Aisai.All rights reserved

Address:〒859-3728 長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷876−2